松尾先生

ウィズダムスクール 居酒屋バージョン

今夜は日本酒を片手に
ゆったり幸せと希望感について考える!

  • 講座お申込み
  • 受講する

ダイジェスト動画

人気シリーズ居酒屋Wisdom School
第4弾はブータンに学ぶ 幸せと希望感

杯を傾けながら、毎回さまざまなことについて考える
「居酒屋Wisdom School」。
日本のみならず、海外からの受講者もいるなど、毎回人気の企画です。

今回は、奈良県の銘酒「吉野千本桜」をお供にお送りします。
第4弾となる講座のテーマは、世界一幸福度が高い国と言われている
ブータンについて。

ルネッサンス・アイズ代表の松尾一也先生が視察へ行った経験談をもとに、
国民の幸せと希望感はどこから来ているのかを考えます。

国民の幸せを第一に優先
97%が幸福だと回答する国

幸せの国・ブータン。2011年に第5代ワンチュク国王夫妻が
新婚旅行で日本を訪れ、東日本大震災の義援金を寄付したことも
記憶に新しいでしょう。

国王夫妻のおおらかで豊かさを感じる微笑みは、
ブータンが「幸福指数世界一」であることを日本国民に強く印象づけ、
一大センセーションとなりました。

しかし、ブータンは決して先進国とは言い難く、
日本と比べて物質的に恵まれているとも言えません。

中国とインドという大国に挟まれた国土の面積は、
日本の九州ほどの大きさです。
ブータンを訪れた松尾先生は、古き良き日本を彷彿とさせるような
農村が広がっており、国民は慎ましやかな暮らしを送っていたと語ります。
それでも国民の97%もの人が「幸せだ」と答えるブータン。

モノが溢れ、道路や交通も整備されて、ずっと住みやすいはずの日本ですが、おそらく幸福度はそれよりも低い数字でしょう。
果たして、日本になくてブータンにはあるものとは一体何か。
松尾先生が感じた生の体験談で、叡智をつかんでください。

仏教の心で殺生はご法度
埋蔵された金を掘削しない理由とは!?

信心深い仏教徒であるブータン国民は、
殺生をご法度としています。

かつて江戸幕府の第5代将軍綱吉も生類憐みの令を出し、
道を歩く虫すら殺さぬようにと命じましたが、
ブータンは現代でもその精神を守っているのです。

時代は21世紀に入り、世界が急速に発展する中でも、
こういった伝統文化を変えようとしない国民性に、
日本人も学ぶべきところがあるでしょう。

他にも、日本では考えられないような事例があります。
ブータンのある山には金が埋蔵されていることが分かっていますが、
それを掘削するつもりはないそうです。

金を手に入れればさらに豊かになれるはずなのに、
一体どうしてなのでしょうか。
そこには、私利私欲ばかりが先に立つ現代人がハッとさせられる、
納得の理由が隠されていました。

ぜひ、講座で確認してください。居酒屋Wisdom Schoolは、
台本なしで、本心を語り合う場です。
お酒の飲める方は一緒にグラスを傾けながら、
2人の本物によるトークを楽しんでください。

トップページへ

  • 講座お申込み
  • 受講する

講師紹介

松尾先生

松尾 一也(まつお かずや) 先生

運と縁を探求する人間学の専門家
株式会社ルネッサンス・アイズ代表取締役社長。

大学時代より安岡正篤、中村天風の哲学セミナーを受講し
人間教育に目覚める。

富士通を退社後、竹村健一氏などの講演会を企画開催し、
現在では500名に及ぶ講師陣ネットワークを築く。

企業内教育・シンポジウムも多く手掛けラーニングオーガナイゼーションが専門。シアトル ワシントン大学でワールドクラスのリーダーシップ論を学ぶ。

26歳で起業し、24年間一貫して 「人間学の探求」 をライフワークにした、「学びをプログラムさせる」 専門家。竹村健一氏、渡部昇一氏、養老孟司氏など日本をリードする人物の講演会などを 数多く主催し、本物の人物から薫陶を受けた英知を今、わかりやすく伝える。

聞く人それぞれの価値観は大切にしながら、人間力(成長、幸福、出逢い、繁栄)の要諦 を漢方薬のようにジワリ・ジワリと気づかせる。企業向けには人間力、リーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスした講義に定評がある。ご縁があれば西でも東でも厭わず喜んで参上することを信条としている。

2003年週刊「東洋経済」“本誌が選んだ50選”講演リストに選ばれる。主な著書「出逢い力ーあなたに逢えてよかったと言われる人生」(明日香出版社)
株式会社ルネッサンス・アイズ

URL:http://www.renaissance-eyes.com/

講座概要

受講期間 期限なし(公開終了する場合は事前にご連絡いたします)
受講料 756円(税込)
教材構成 動画教材:収録時間 60分
  • 講座お申込み
  • 受講する

トップページへ

ご不明な点がありましたらお気軽にご相談下さい TEL:03-3635-3508

メルマガ登録はコチラ